本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

市の木・市の花

2014年9月1日

市の木・市の花が決まりました。

 平成26年9月1日に甲斐市は市制10周年を迎えました。

 甲斐市市制施行10周年を記念し、市の一体感を醸成し、市民の心のよりどころとして市の木市の花を制定しました。

 市の木には、信玄堤などの歴史、文化の代表でもある「ケヤキ」、市の花には、春を象徴する花として日本人になじみのある「サクラ」に決定しました。
 

市の木 「ケヤキ」

 ケヤキ

 

ケヤキの選考理由

ケヤキは、古くから人々とのかかわりが深く、市内各地の神社の神木、防風林、
街路樹や庭木などとして親しみのある木であります。木目が美しく、磨くと著し
い光沢を生じ、堅くて摩耗に強いので、家具・建具等の指物に使われます。
 甲斐市に沿って流れる釜無川に1559年頃、甲府盆地一帯を水害から守るため
武田信玄が築いたといわれる信玄堤は、歴史、文化的にも全国に誇りうるもので
ありますが、ここにある「ケヤキ林」は、この堤を保護のために造営された水防林
であり、現在は都市公園として市民の憩いの場となっています。

 

市の花 「サクラ」

 サクラ.jpg

 

サクラの選考理由

 サクラは、穀物の神が宿るとも、稲作神事に関連していたともされ、農業に
とって昔から非常に大切なものでありました。
 春を象徴する花として日本人にはなじみが深く、また、ぱっと咲いたときの見
事さ、散りぎわの潔さが日本人の気質に合うとともに、古来より花見の花として
鑑賞されている花です。
 「サクラ」の語は有史以前からあり、一つの説では、富士の頂から花の種をまい
て花を咲かせたとされる、コノハナサクヤヒメ【木花開耶姫】(甲府盆地に春を告
げ、信玄堤でも開催される祭り「おみゆきさん」を行う一宮浅間神社の祭神でも
ある)の「さくや」からとったという説はよく知られています。
 甲斐市には、信玄堤、ドラゴンパーク、矢木羽湖周辺、光照寺などサクラの名所
が数多くあり、市民に愛され、多くの人々の心に安らぎを与えてくれる花です。

 

市の木・市の花決定の経緯

平成25年10月 甲斐市市の木市の花選考委員を市民から公募しました。

平成26年 1月 甲斐市市の木市の花選考委員会で候補となる5種の木と花を選考しました。

平成26年 3月 市民投票を実施し、5,827票の市民の意見をいただきました。

平成26年 4月 市民投票の結果を参考として、市の木市の花を決定しました。 

 甲斐市市の木市の花選考委員会会議録

 

  開催日 会議録
第1回 平成25年11月14日(木) 第1回会議録(135KB)
第2回 平成26年1月23日(木) 第2回会議録(147KB)
第3回 平成26年2月13日(木) 第3回会議録(126KB)
第4回 平成26年4月17日(木) 第4回会議録(105KB)

ADOBE Readerのダウンロードへ

当ページのファイルはPDF形式になっています。
ファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償ダウンロードできます。
Adobe Readerのダウンロードへ

 

お問い合わせ

秘書政策課
電話:055-278-1678