本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

災害に備えて水の備蓄をおすすめします

2013年12月2日

 大規模な災害が発生すると、水道事務所は応急給水体制を行いますが、皆さまに水が行き渡るまでに数日間かかってしまう場合もあります。各ご家庭で水の備蓄をしていただくようにお願いしております。
 人間が生命を維持するために必要な水の量は「成人一人が1日2リットルから2.5リットル」といわれていますので、これに若干の余裕を加えた3リットルを3日分程度、日ごろから備蓄しておきましょう。

水道水くみ置きのおすすめ

水道水をくみ置きする場合は、次の事項に気をつけましょう。

  • 密栓できる容器をよく洗ってから使用してください。
  • 水道水は容器の口までいっぱいに入れ、ホコリや雑菌が入らないようにしっかりとフタをしましょう。※1
  • 保存場所には冷暗所を選びましょう。 保存期間は3日が目安です。※2
  • 3日間の保存期間が過ぎたら雑用水などに使用し、新しい水道水に取り替えましょう。
  • 一部の家庭用浄水器では、残留塩素を取り去ってしまうものがあります。残留塩素が減少した水は保存には向き  ませんので ご注意ください。

※1 水道水に含まれる残留塩素は空気に触れる面が少ないほうが長くもちます。
※2 残留塩素には消毒効果があり、細菌の繁殖を一定程度抑えることができますが、時間が経つと残留塩素が減少するため、細菌が繁殖しやすくなります。 

お問い合わせ

上水道課
電話:055-276-0734