本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

平成23年度第1回『甲斐市民対話集会』結果概要

2013年11月25日
開催日時
平成23年11月18日(金) 午後7時から午後9時30分まで
開催場所
甲斐市役所新館2階防災対策室
対話テーマ
1.都市計画街路田富町敷島線の整備について
2.政策体系別に見る今年度の主要事業
参加者
上篠原区、古村区、新居区、仲新居区 50人
資 料
参加者の
主な意見
・県内にも6差路の所はあるので、平面6差路にして欲しい。
 
・時間制で6差路というのはできないか。
 
・歩道橋ではなく、竜王駅東側のような高齢者でもスムーズに行き来
できる道にしてもらいたい。
 
・国道がスムーズに流れるよう、立体化して欲しい。
 
・県の事業であるけれども、甲斐市としてどうしていきたいのか、市の言葉として聞きたい。
対話集会1 対話集会2
      
市長の
主な発言
・平面6差路について、県に要望は何回もしており、県内にも実例があることから、県に調査を依頼したり、市でも調査を行なったが、時間的な配分や車の交通量が多いことなどにより厳しい判断が続いている。
 
・バイパスをくぐることについては、遠くから緩やかな傾斜をつける工法となり、厳しく指摘されている項目でもある。
 
・国道を立体化ということで、県に4車線の広いものでなく、2車線の細い立体でいいのではないかと投げかけたが、いい返事はもらえない。
 
・この交差点に道ができるということは、第一に交通安全で無事故であるべき交差点であって欲しいということと、まち全体と近隣のまちがお互いに、より良い道路ができなければいけない。早く幹線道路として仕上げていくこともまちの責任であるから、十分意見を聞きながら、その都度県に話をする。
 
・まちというのはお互いに無理なところもあったりして、その中でもみんなが良くなって欲しいという願いを持って望んでいるところである。平成32年に向けてできるだけ早期に基盤整備ができるということは、多くの方々に福祉をもたらすのではないかと考えている。
 
対話集会3 対話集会4
      

※詳細は会議録(376KB)をご覧ください。
参考資料:公述要旨と見解(84KB)〔H23.8.30公聴会 甲府都市計画道路(田富町敷島線)の変更公聴会〕

ADOBE Readerのダウンロードへ

当ページのファイルはPDF形式になっています。
ファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償ダウンロードできます。
Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

秘書政策課
電話:055-278-1678