本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

所得の種類と所得金額の計算方法

2016年8月18日

 所得割の税額計算の基礎は、前年中の所得金額です。所得の種類は、所得税と同様に10種類で、その金額は一般に収入金額から必要経費を差し引くことによって算定されます。

所得の種類と所得金額の計算方法

 

種類
内     容
所得の求め方
利子所得
公債、社債、預貯金などの
利子
収入金額=利子所得の金額
配当所得
株式や出資の配当など
収入金額-元本取得のために要した負債の利子=配当所得の
金額
不動産所得
地代、家賃、権利金など
収入金額-必要経費=不動産所得の金額
事業所得
営業、農業等の事業をして
いる場合に生じる所得
収入金額-必要経費=事業所得の金額
給与所得
サラリーマンの給与など
収入金額-給与所得控除額=給与所得の金額
退職所得
退職金、一時恩給など
(収入金額-退職所得控除額)×1/2=退職所得の金額
山林所得
山林を伐採して譲渡したり、
立木のままで譲渡したこと
による所得
収入金額-必要経費-特別控除額=山林所得の金額
譲渡所得

土地や建物などの財産を

売った場合に生じる所得

収入金額-資産の取得価額などの経費- 特別控除額=譲渡

所得の金額

一時所得
生命保険の配当金、クイズ
の賞金など
収入金額-必要経費-特別控除額=一時所得の金額
雑所得
公的年金等原稿料等他の
所得にあてはまらない所得
次のイとロの合計額
イ:公的年金等の収入金額-公的年金等控除額=雑所得の金額
ロ:イを除く雑所得の収入金額-必要経費=雑所得の金額
 

給与所得の金額


 給与所得の計算にあたっては、必要経費に代わるものとして収入金額から給与所得控除額を差し引くこととなっています。
 給与所得の金額を求めるのには、下の表に当てはめて、計算してください。
 

A 給与収入の金額

      給与所得の金額

650,999円まで

0円
651,000円 ~ 1,618,999円 A ― 650,000円
1,619,000円 ~ 1,619,999円 969,000円
1,620,000円 ~ 1,621,999円 970,000円
1,622,000円 ~ 1,623,999円 972,000円
1,624,000円 ~ 1,627,999円 974,000円
1,628,000円 ~ 1,799,999円 Aの金額を4で割って千円未満の端数を切捨てした額をBとして、右表で計算 B × 2.4
1,800,000円 ~ 3,599,999円 B × 2.8 ― 180,000円
3,600,000円 ~ 6,599,999円 B × 3.2 ― 540,000円
6,600,000円 ~ 9,999,999円 収入金額 × 0.90 ― 1,200,000円
10,000,000円 ~14,999,999円

収入金額 × 0.95 ― 1,700,000円

15,000,000円以上


収入金額 ― 2,450,000円

*平成26年度から収入金額が1,500万円を超える場合の給与所得控除について、245万円の上限が設けられました。

公的年金等の雑所得金額


 公的年金等(厚生年金、国民年金、恩給など)に係る雑所得の金額は、その年中の公的年金等の収入金額から、公的年金等控除額を控除した金額となります。
 年金雑所得の金額を求めるには、下の表に当てはめて、計算してください。

 【65歳以上の人】
C 公的年金等の収入金額
公的年金等の雑所得の金額
1,200,000円以下
0円
1,200,001円 ~ 3,299,999円
C ― 1,200,000円
3,300,000円 ~ 4,099,999円
C × 0.75 ―  375,000円
4,100,000円 ~ 7,699,999円
C × 0.85 ―  785,000円
7,700,000円以上
C × 0.95 ― 1,555,000円
 【65歳未満の人】
D 公的年金等の収入金額
公的年金等の雑所得の金額
700,000円以下
0円
700,001円 ~ 1,299,999円
D ― 700,000円
1,300,000円 ~ 4,099,999円
D × 0.75 ―  375,000円
4,100,000円 ~ 7,699,999円
D × 0.85 ―  785,000円
7,700,000円以上
D × 0.95 ― 1,555,000円

 ※65歳未満であるかどうかは、前年の12月31日現在の年齢になります。

 

お問い合わせ

税務課
電話:055-278-1663