本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

個人住民税(市・県民税)の納税方法

2015年6月1日

個人住民税(市・県民税)の納税の方法には、「普通徴収」と「特別徴収」の2つがあり、そのどちらかの方法によって納税することになります。
また、65歳以上(4月1日現在)の公的年金受給者の年金所得に係る市・県民税は平成21年10月から始まった公的年金からの特別徴収制度によって徴収されます。

普通徴収

自営業の人などの住民税(市・県民税)は、市から直接納税義務者に「納税通知書」が送付され、通常6月、8月、10月、翌年の1月の4回の納期に分けて納税していただきます。この方法を普通徴収といいます。

特別徴収

給与所得者の住民税(市・県民税)は、市から給与の支払者(会社)を通じて納税義務者に渡される「特別徴収税額通知書」によって通知され、給与の支払者(会社)が毎月の給与の支払いの際に納税義務者の給与から税金を引き落とし、6月から翌年5月の12回に分けて市へ納税していただきます。この方法を特別徴収といいます。
特別徴収に関する全ての事務手続きにつきましては、納税義務者本人ではなく、特別徴収義務者(事業所の給与担当等)からの手続きとなります。

山梨県内の全市町村で特別徴収の完全実施に伴い、甲斐市においても平成27年度より完全実施を行っています。

納税義務者が退職などにより異動した場合の事務の流れ(441KB)

特別徴収に係る届出書、申請書等のダウンロードはこちらから

公的年金に係る特別徴収

個人住民税(市・県民税)の納税義務者であって前年中に公的年金等の支払いを受けていた65歳以上(4月1日現在)の人については、平成21年10月より「公的年金に係る特別徴収」制度が創設され、その公的年金等に係る所得について公的年金から税金を引き落とし、納税していただくこととなりました。
詳しくは、「個人住民税(市・県民税)の公的年金からの特別徴収について」でご確認ください。

ADOBE Readerのダウンロードへ

当ページのファイルはPDF形式になっています。
ファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償ダウンロードできます。
Adobe Readerのダウンロードへ

 

お問い合わせ

税務課
電話:055-278-1663