本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

戸籍の届出について

2015年5月1日

 出生・婚姻・死亡など戸籍に関する届出は竜王庁舎市民窓口課、敷島・双葉支所各市民課において受付けています。
 休日、祝日及び業務時間外も次のとおり受付けますが、戸籍届出に伴う住所異動、国民健康保険、年金、福祉、学校関係などの手続きはできませんので平日改めて各窓口にて手続きをしてください。受付の場所は竜王庁舎の宿日直室になります。

 

平日

休日・祝日等

午前8:30

午後5:15

時間外

午前8:30

午後5:15

時間外

竜王庁舎

     ○ ※

     ○ ※

敷島支所

×

×

×

双葉支所

×

×

×

 ※時間外は、民間委託により警備員が受付けていますが、死亡届及び不受理申出書は受付できません。

種類

届出期間

届出人

届出先

届出に

必要なもの

注意事項

出生届

生まれた日を含めて14日以内(14日目が休日の場合はその翌日)

次の順序で

1 父または母


2 法定代理人


3 同居者


4 出産に立ち会った医師又は助産師

次のどこかへ

・父母の本籍地


・届出人の所在地


・子供の出生地

・出生届書(医師等の出生証明書添付)

 

・母子手帳(出生連絡票を含む)

 

・健康保険証


・届出人の印鑑

子供の名前は常用漢字・ひらがなカタカナ・人名用漢字に限る。

死亡届

死亡の事実を知った日から7日以内(7日目が休日の場合はその翌日)

次の順序で

1 同居の親族


2 同居していない親族


3 同居者


4 家主、地主、家屋や土地の管理人

次のどこかへ

・死亡者の本籍地


・届出人の所在地


・死亡地

・死亡届書(医師の死亡診断書又は死体検案書添付)

 

・届出人の印鑑

死亡者の住所地にて後日死亡に伴う手続きが必要

婚姻届

届出により効力発生 夫及び妻

次のどこかへ

・夫又は妻の本籍地


・夫又は妻の所在地

・婚姻届書(成人2名の証人による署名押印が必要)

 

・戸籍謄本(届出先が本籍地の場合は不要)

 

・届出人の印鑑

 

・父母の同意書(未成年者の婚姻の場合)

市外から甲斐市へ住所異動を伴う場合は転出証明書が必要

離婚届

裁判離婚の場合、裁判確定又は調停成立日から10日以内

夫及び妻(裁判離婚の場合は申立人)

次のどこかへ

・夫妻の本籍地


・夫又は妻の所在地

・離婚届書(協議離婚の場合、成人2名の証人による署名押印が必要)

 

・戸籍謄本(届出先が本籍地の場合は不要)

 

・届出人の印鑑

 

・調停、和解、認諾離婚の場合は調書の謄本

 

・審判、判決によるときは審判書又は判決の謄本と確定証明書

婚姻中の氏を名

乗る場合、別に届出が必要(3か月以内)

*このほかに認知届、養子縁組届、養子離縁届、親権届、復氏届、入籍届、分籍届、国籍選択届、氏名の変更届、転籍届、死産届などがあります。詳しくはお問い合わせください。
*市内に住所がある方で戸籍の届出により「氏名」が変更になる場合は、国民健康保険(加入者のみ)、国民年金(加入者のみ)、印鑑登録者(登録者のみ)の変更手続きも必要になります。
*外国人や外国人と日本人との届出、事件発生地が外国の場合等は届出方法や届出に必要なものが異なりますので詳しくはお問い合わせください。

戸籍届出時の本人確認

 市では、虚偽の届出を未然に防止するため、戸籍届出の際にも届出人等が本人であるかどうかの確認をさせていただいていますのでご協力をお願いします。

対象となる届出

 認知届・婚姻届・協議離婚届・養子縁組届・協議養子離縁届

本人確認の方法

  • 窓口にて本人確認資料を提示していただきます。
  • 窓口で確認できなかった場合や休日、祝日、業務時間外に届出がされた場合、また本人確認の資料をお持ちでない方には届出があったことをお知らせする通知を送付します。

本人確認の資料

 運転免許証、パスポートなど

 

お問い合わせ

市民窓口課
電話:055-278-1664