本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

飼っている犬や猫がいなくなってしまったら

2014年3月31日

飼い犬がいなくなった場合は、すぐに連絡をお願いします

  「2、3日経ったら戻ってくるだろう」と思っていても、保護されている場合もあるので市役所へ連絡をお願いします。なお、市で保護していられる期間は限られていますので、迅速な対応をお願いします。

  近隣の市などへ移動していることも考えられるので、そちらへも連絡をお願いします。また、動物愛護指導センターで保護している場合があるので、センターにも連絡をお願いします。

  なお、市役所などに連絡した後に飼い犬が見つかった場合は、連絡をお願いします。

保護された場合などの対策を

   保護されたとしても、鑑札や飼い主に関する情報を明示したものがなければ誰にも連絡することができません。このような事態を避けるためにも、日頃から鑑札や飼い主の連絡先などが分かるものをつけてください。

飼い猫がいなくなった場合は、すぐに連絡をお願いします

  基本的に動物愛護指導センターや市町村で猫を「捕獲」することはできません。ただし、負傷などで保護されて持ち込まれる場合があります。 なお、負傷している場合は、治療等のためすぐに動物愛護指導センターに搬入してしまうので、すぐに市役所へ連絡をお願いします。

  また、動物愛護指導センターで保護している場合もありますので、センターにも連絡をお願いします。

  なお、市役所などに連絡した後に飼い猫が見つかった場合は、連絡をお願いします。

保護された場合などの対策を

   保護されたとしても、飼い主に関する情報を明示したものがなければ誰にも連絡することができません。このような事態を避けるためにも、日頃から首輪をつけ、首輪に飼い主の連絡先などが分かるものをつけるようにしましょう。

猫の探し方

  室内で飼われていた猫は、野良猫と違い遠くに行かないことがほとんどです。物置の中、室外機の下、植え込みの中など、家の周辺を重点的に探してみてください。

いなくなる前にいなくならないように心がけてください

  飼い犬や飼い猫がいなくなった場合、飼い主が困るだけでなく周辺の住民へ迷惑をかけることになることを考えてください。犬の場合は、人などにかみつく可能性などがあります。猫の場合は、他人の敷地を荒らしたり、汚したりする可能性などがあります。また、犬や猫自身が事故などに遭い傷ついたり、亡くなってしまう可能性もあります。

  このようなことにならないためにも、次のようなことなどを考え、いなくなる前にいなくならないように心がけてください。

  犬の場合は、いなくなる原因の多くがくさりや留め具などの破損なので、首輪、くさり、留め具、檻や柵などを定期的に点検し、古くなったら交換してください。

  猫の場合は、いなくなる原因の多くが扉や窓の閉め忘れや開閉時などなので、扉や窓の開閉には特に気をつけてください。 

お問い合わせ

環境課
電話:055-278-1706