本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

国民健康保険へ加入する手続きは

2016年1月7日

 甲斐市に住んでいる人は、職場の健康保険に加入している人や生活保護を受けている人を除いて、全ての人が国民健康保険に加入しなければなりません(ただし、外国籍の人は除きます)。
 転入や職場の健康保険からの脱退などにより、国民健康保険に加入する場合は14日以内に手続を行ってください。

手続きに必要なもの

こんなとき

必要なもの

他の市区町村から転入するとき

※転入の手続きをお願いします

職場の健康保険を脱退したとき

職場の健康保険をやめた証明書、個人番号がわかるもの(通知カードまたは個人番号カード等)、印鑑

職場の健康保険の被扶養者を外れたとき

被扶養者が外れた証明書、個人番号がわかるもの(通知カードまたは個人番号カード等)、印鑑

生活保護が廃止されたとき

生活保護廃止決定通知書、個人番号がわかるもの(通知カードまたは個人番号カード等)、印鑑

国保加入者の子どもが生まれたとき

母子健康手帳、国民健康保険証、個人番号がわかるもの(通知カードまたは個人番号カード等)、印鑑

※出生の手続きをお願いします

出産育児一時金の支給手続きをされる場合は、直接支払制度確認書、出産費用明細書、世帯主の口座がわかるものを持参してください。

外国籍の人が上記理由により加入するとき

在留カードまたは特別永住者証明書(いずれも切替るまでの間、外国人登録証で可能)、パスポート、個人番号がわかるもの(通知カードまたは個人番号カード等)、印鑑
※印鑑は、届け出る人が本人の場合は不要です。

加入は世帯単位、国保税の納税義務は世帯主となります

 国民健康保険では家族一人ひとりが加入者となります。ひとりに1枚の保険証が交付されます。ただし、加入の届出や国民健康保険税の納付は、世帯ごとに世帯主が行います。世帯主本人が職場の健康保険などに加入していて、国民健康保険に加入していない場合でも、世帯内に国民健康保険の加入者がいるときは、国民健康保険税の納付義務は世帯主にあります。

保険証を大切に使用しましょう

  1. 交付されたら、記載内容を確かめましょう。
  2. いつでも使えるように必ず手元に保管しましょう。
  3. 紛失したり、破損して使えなくなったときは、国保の窓口へ届出しましょう。
  4. 国民健康保険の資格がなくなったら、すぐに保険証を返却しましょう。
  5. 保険証の有効期限を確認しましょう。
  6. 保険証に記載されている内容を自分で書き直すと無効となり、使用できません。

70歳から74歳までの人には高齢受給者証が交付されます

 国民健康保険証とは別に「国民健康保険高齢受給者証」が交付されます。医療機関では、負担割合(1割または3割)をこの高齢受給者証で確認します。受診の際には、保険証といっしょに医療機関の窓口へ提出してください。

 

お問い合わせ

保険課
電話:055-278-1665