本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

「節電」にご協力をお願いします

2013年11月19日

 今夏の東日本地区では、厳しい電力需要状況の中、大口需要家、小口需要家、家庭の各層が国の節電要請に対し積極的に取り組んだことにより、「使用最大電力の-15%抑制」という節電目標に対し、東京電力管内で-19%と実績が目標を大きく上回り、計画停電が回避されました。
 今冬については、今夏ほど深刻でないものの、最大需要に対する供給力の予備率が依然として低いことから政府や電力会社などから節電節電の呼びかけが行なわれています。
 市としても、庁舎や各種施設において節電に取り組んでいるところでありますが、市民の皆さまにおかれましても、次の内容を参考に、引き続き節電にご協力をお願いします。

冬の節電対策(財団法人 省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典」からの抜粋)

暖房時の室温は20℃を心がけましょう。

 外気温度6℃の時、エアコン2.2kWの暖房設定温度を21℃から20℃にした場合(使用時間:9時間/日)、年間で一世帯あたり53.08kWh、市全体では1,574,246kWh(約437軒分の年間電気使用量)の節電になります。

【ちょっとした工夫】

  • ドアや窓の開閉は少なく。 
  • 厚手のカーテンを使用。床まで届く長いカーテンの方が効果的 
  • 外出時は、昼間でもカーテンを閉めると効果的。 
  • 扇風機を併用。暖まった空気を循環させましょう。
    ※適宜、換気をしましょう。

 

電気カーペットの設定温度を「強」から「中」にしましょう。

 3畳用で設定温度を「強」から「中」にした場合(1日5時間使用)、年間で一世帯あたり185.97kWh、市全体では5,515,498kWh(約1,532軒分の年間電気使用量)の節電になります。

【ちょっとした工夫】

  • 床にじかに敷くと、熱が床に逃げて暖房効果が下がります。カーペットの下に断熱マットなどを敷くのが省エネのコツ。 
  • カーペットを分離して暖める機能もあるので、人のいない部分はスイッチOFF 

温水洗浄便座のフタは閉めましょう。

 温水洗浄便座のフタを閉めた場合と、あけっぱなしの場合との比較(貯湯式)、年間で一世帯あたり34.90kWh、市全体では1,035,064kWh(約287軒分の年間電気使用量)の節電になります。

【ちょっとした工夫】

  • 便座暖房、洗浄水の温度は低めにしましょう。 
  • 一年を通してつけっぱなしにせず、寒い季節だけ使いましょう。

洗濯物はまとめて、回数を少なくしましょう。

 定格容量(洗濯・脱水容量:6kg)の4割を入れて洗う場合と8割を入れて洗う場合との比較、年間で一世帯あたり5.88kWh、市全体では174,389kWh(約48軒分の年間電気使用量)の節電になります。

【ちょっとした工夫】

  • お風呂の残り湯を利用しましょう。
  • 洗剤は適量に 
  • すすぎは注水すすぎより、ためすすぎで。


※市全体の数値は、平成23年10月末日(29,658世帯)の世帯数で計算しています。
※1軒当たり1年間の電気使用量は約3,600kWhです。
※その他の節電メニューについては、次のサイトを参考にしてください。

 

ADOBE Readerのダウンロードへ

当ページのファイルはPDF形式になっています。
ファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償ダウンロードできます。
Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境課
電話:055-278-1706