本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

インフルエンザやノロウイルスなどの感染を予防しましょう

2013年11月15日

 インフルエンザやノロウイルスなどの感染が流行する時期となりました。
 3年前に流行した新型インフルエンザ(A/H1N1)は、その後の状況から、昨年度より通常の季節性インフルエンザに含まれます。
 感染症にかからないよう「予防すること」が重要です。特に、持病がある人や妊婦、幼児、高齢者は、重症となる場合もあります。
 普段から、手洗い、うがい、咳エチケットを心がけて、感染を予防しましょう。

症状

インフルエンザ

  • 典型的なものでは、発病は急激で高度の発熱、頭痛、腰痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が現れ、これらの症状と同時に、またはやや遅れて、鼻汁、咽頭痛、咳などの呼吸器症状が現れます。
  • 熱は急激に上昇して、体温が38~39度あるいはそれ以上に達した後、諸症状とともに次第に回復し、1週間程度で快方に向かいます。

ノロウイルス

  • 1~2日の潜伏期間の後、下痢、おう吐、吐き気、腹痛の症状が現れ、軽度の発熱を伴うこともある。これらの症状が1~2日続いた後、快方に向かいます。
  • 感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあり、感染に気が付かず、知らないうちに周囲の人に感染させてしまうことがあるため注意が必要です。

予防のポイント

 感染防止には、日常生活の中で基本の予防方法 「 手洗い・うがい・咳エチケット 」 を励行することが大切です。また、人の多く集まる所に出かける時には、マスクを着用するようにしましょう。

手を洗いましょう
 外出から帰った後や、食事の前、調理の前、トイレに行った後には、手を洗いましょう。


うがいをしましょう
 外出から帰った後、手洗いと一緒にうがいをしましょう。


咳エチケットを守りましょう
 咳やくしゃみ等の飛まつを飛び散らしたりしないために、咳エチケットを守りましょう。咳やくしゃみ等の症状がある時や外出する時は、マスクの着用をお勧めします。


普段から規則正しい生活をしましょう
 バランスの良い食事や睡眠時間を十分にとり、体力・抵抗力をつけておきましょう。

感染してしまったら・・・

インフルエンザ

  • 発熱等の症状がある場合は、医療機関に受診してください。受診の際は、感染の拡大防止のため必ずマスクを着用してください。
  • 熱がさがってもインフルエンザの感染力は残っていて、他の人に感染させる可能性があります。周囲の人を守るため、症状が始まった日から1週間程度は、外出を控えるようにしてください。

ノロウイルス

  • 体調が悪い時は早めに医療機関に受診してください。有効なワクチン・特効薬はありません。症状の持続期間は短いので、その間に脱水症状にならないようできる限り水分を補給してください。
  • 患者のおう吐物や便で感染しますので、処理する時は周囲に広がらないように注意し、ふき取った場所や物は、塩素系漂白剤による消毒が効果があります。

関係機関のホームページ

詳しい情報については、次のホームページをご確認ください。

 

 

 

お問い合わせ

健康増進課
電話:055-278-1694