本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

狐塚2号墳

2013年9月25日

狐塚2号墳.jpg  赤坂台古墳群の中で保存されている古墳のうちの一つです。 

  昭和60年(1985)の試掘調査によると、直径約13メートル、高さ3メートルの円墳で、墳丘端には幅1~3メートル、深さ10~40センチメートルの周溝を巡らせていることがわかりました。主体部には、南に開口する横穴式石室を有しています。石室の規模は長さ約6.4メートル、幅1.3メートル、高さ約1.7メートルとなっています。

 赤坂古墳群の築造年代は、昭和52年(1977)、県教育委員会で発掘調査した二ツ塚古墳、竜王2号墳、竜王3号墳などの調査結果によって、ほぼ7世紀代に築造されたと判明しています。その中心は7世紀中ごろから後半の時代と推定されます。この古墳群の多くは無袖形横穴式石室が分布していますが、狐塚2号墳は両袖形横穴式石室が用いられるなど、他の古墳と異なった特色をみせる貴重な遺跡です。

 (昭和58年5月6日市指定 史跡)

 

所在地 甲斐市竜王794-13

お問い合わせ

生涯学習文化課
電話:055-278-1697