本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

用水隧道開削碑

2013年9月26日

用水隧道開削碑.jpg 三社神社の西側に建つ用水隧道開削碑は、寛永14年(1637)に高岩に隧道を開削し、用水路の新田堰を建設した江戸時代初期の代官、平岡次郎右衛門和由の徳をしたって、富竹新田村(甲斐市富竹新田)の村民が建立した報恩碑です。  

 碑は取入れ口の最初の隧道の位置に建ち、高さ1.50メートル、幅0.47メートルの自然石で、平坦にした表面に銘文があります。  

 釜無川から富竹新田に導かれる延長約3キロメートルの用水路が完成すると、この用水の恩恵をうけて米の収穫量も増加。この用水路は数度にわたって改修が加えられ、用水確保の重要な施設として、地域発展の根源をなしてきました。


(昭和52年6月25日市指定 史跡)

 

所在地 甲斐市竜王1887

お問い合わせ

生涯学習文化課
電話:055-278-1697