本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

野村宗貞の墓

2013年9月24日

野村宗貞の墓.jpg 宗貞は江戸時代初めの摂津国(大阪府と兵庫県の一部)出身の浪人で江戸から宇津谷村にやって来ました。この地域の人々が慢性的な水不足に悩まされていることを知り、資金を地元の有力者等から集め、寛文6年(1666)に楯無堰(たてなしせぎ)の開削に着手しました。  

 堰の取入口は小笠原村(北杜市明野町)地内の塩川を堰き止め(標高405m)、竜地地内までの約17kmを高低差わずか36mで、途中トンネルや樋を設けるなど高い技術によって掘り進められました。  

 完成時の記録は残っていませんが、普請(工事)は宗貞の手を離れ、甲府城代によって完成されています。宗貞は天和2年(1682)に没し宇津谷村法喜院に葬られました。

(昭和59年2月27日市指定 史跡)

  

所在地 宇津谷4068(法喜院)

お問い合わせ

生涯学習文化課
電話:055-278-1697