本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

袴腰天神本殿 附 棟札2枚

2013年11月13日

袴腰天神本殿 附 棟札2枚 袴腰天神は金剛寺の鎮守として、その境内に祀られています。  

 もとは、山県家の屋敷神として崇敬されていたと伝えられています。本殿の造立年代は明らかでありませんが、棟札から山県大弐の父山三郎により享保4年(1719)に遷宮の後、宝暦8年(1758)山県昌樹、山県昌貞(大弐)兄弟が本願人となって修理を加えたことが伺えます。  

 建物は、高い石垣積み基壇の上に建ち、一間社流造、鉄板葺でもとは桧皮葺屋根でした。一部に後補があり、また平成18年には保存のための覆屋が設置されましたが、構造形式や細部手法によって江戸時代中期の遺構と考えられ、山県大弐の由緒をもつ建物として注目されます。

(平成2年12月5日市指定 (建造物))

 
所在地 甲斐市篠原189-2(金剛寺)

 

 

お問い合わせ

生涯学習文化課
電話:055-278-1697