本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

木造阿弥陀如来坐像

2013年10月30日

木造阿弥陀如来坐像 一木造。玉眼。漆箔。

 制作年代:平安時代

 安楽寺の本尊は、『甲斐国志』によると、本来は観音像でしたが、弘化年間(1844~48)の火災により諸堂とともに本尊も焼失してしまい、安楽寺とゆかりのある寺院から本像を貰い受けたと考えられます。
 本像は修復が多いが、特徴から平安時代前期、十世紀半ば頃の造立と考えられ、現在、県内で調査されている阿弥陀如来像のなかで最も古い像として非常に重要な作例といえます。

 法量 像高:38.8cm、膝張:32.5cm、坐奥:21.1cm

(平成16年7月12日市指定 (彫刻))

 

所在地 甲斐市竜王2170(安楽寺)

 

 

お問い合わせ

生涯学習文化課
電話:055-278-1697