本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

文化・スポーツ

新着情報

  • 野村宗貞の墓

     宗貞は江戸時代初めの摂津国(大阪府と兵庫県の一部)出身の浪人で江戸から宇津谷村にやって来ました。この地域の人々が慢性的な水不足に悩まされていることを知り...
    2013年9月24日 生涯学習文化課
  • 回看塚

     天正10年(1582)織田軍が信濃国に進入し、武田信玄の五男仁科信盛の守る高遠城を落とすと、武田勝頼は3月3日に入城間もない新府韮崎城に火をかけ、家臣の...
    2013年9月23日 生涯学習文化課
  • 狐塚1号墳

     赤坂台地の赤坂台古墳群最大規模の古墳で、古墳群の中央部にあります。    赤坂台地には約30基の古墳が群集していましたが、現在は中央自動車道の建設工事な...
    2013年9月22日 生涯学習文化課
  • 古社水神宮

     古社水神宮は、享保4年(1719)富竹新田村の開村に尽力した平岡次郎右衛門和由の功績を称え「水神」とともに神明神社境内に祀ったものです。    平岡次郎...
    2013年9月21日 生涯学習文化課
  • 黄梅院跡

     北条氏康の嫡男、氏政に嫁ぎ、武田氏と北条氏の同盟が破ぶれると甲斐国に戻され、わずか二十七歳でこの世を去った悲運の姫、武田信玄の長女黄梅院を祀る寺。   ...
    2013年9月20日 生涯学習文化課
  • 有泉棔斎(こんさい)翁墓及び句碑3基

        有泉棔斎は文化5年(1808)宇津谷村生まれの俳人・教育者で、名主を勤めた後、江戸で遊学し地元へ戻り、俳諧活動や寺子屋の教師として活躍しました。明...
    2013年9月19日 生涯学習文化課
  • 諏訪大神社境内の登り窯跡

     諏訪大神社拝殿東約30mにある近世の窯跡で、文化9年(1812)~文政8年(1825)の間、生産に伴う年貢割付状(妙善寺文書)が残されています。平成元年...
    2013年9月18日 生涯学習文化課
  • 獅子岩及び獅子滝

     獅子岩は、亀沢川右岸の凝灰角礫岩地域が浸食されてできた断崖の一部に露出した岩で、その形状が獅子に似ているところから名づけられました。この対岸は花崗岩地域...
    2013年9月17日 生涯学習文化課
  • 慈照寺庭園

     慈照寺法堂(はっとう=本堂)の北側に設けられた庭園です。    元文2年(1737)の記録「当寺十八世離道良重代普請之一件」によると、本堂の裏が降雨の度...
    2013年9月16日 生涯学習文化課
  • 妙善寺庭園

     江戸時代前半の元禄年間(1688~1704)の造営とされています。急な斜面の高低差を利用しつつ、遠近感のあるように石を配列し、その下に平坦部が設けられて...
    2013年9月15日 生涯学習文化課
  • ホッチ峠の饅頭石

     敷島地区の北部にあるホッチ峠周辺からは、大きさ2~4cmの球状で、外側が黄褐色、内側が黒褐色でできている石が産出されます。その形や色などが「まんじゅう」...
    2013年9月14日 生涯学習文化課
  • 亀沢の船石

     花崗岩の大岩塊で、古来「船石」となづけられて有名です。    亀沢川の渓谷がつくる河岸段丘の上に位置しますが、太古にはるかに離れた上流の花崗岩地域から崩...
    2013年9月13日 生涯学習文化課
  • 寺平のオニグルミ

     樹種はクルミ科のオニグルミ。    幹囲3.5m、樹高約10m、幹の内部は空洞となり北東側は大きく欠けています。  オニグルミには品種が多いですが、マル...
    2013年9月12日 生涯学習文化課
  • 上八幡のヒイラギ

     モクセイ科ヒイラギの巨樹です。その規模は根廻り2.8メートル、地上より約1メートルで双幹となっています。そのうち南幹は目通幹囲1.56メートル、北幹は目...
    2013年9月11日 生涯学習文化課
  • 法久寺のカシワ

     ブナ科カシワの巨樹です。その規模は、目通幹囲2.7メートル、樹高9.0メートル。枝張りは北9.0メートル、南5.2メートル、東7.2メートル、西4.7メ...
    2013年9月10日 生涯学習文化課
  • 妙善寺の榧

     このカヤは、イチイ科の常緑針葉高木で種子は食用や薬用となります。    前木は枝張り東西13.6メートル、南北12メートル、目通り2.6メートル、後木は...
    2013年9月9日 生涯学習文化課
  • 龍蔵院の無患子(むくろじ)

     ムクロジ科の広葉樹で、一般に「ムクの木」「モクの木」と呼ばれ、種は羽つきの羽の芯に使われます。    根周りは約3.1m、高さ約20mです。 (昭和59...
    2013年9月8日 生涯学習文化課
  • 普禅院のカヤ

     樹種はイチイ科のカヤ。幹囲3.5m、枝張りは東10.0m、西7.0m、南6.5m、北11.0m、樹高18.2m。主幹の南面には高さ5mくらいまで焼けた跡...
    2013年9月7日 生涯学習文化課
  • 羅漢寺跡のカキ

     樹種はカキノキ科のカキ。  幹囲2.0m、枝張りは最大8.5m、樹高18.0m、西側根元に長さ1.0m、幅0.1mの空洞があり、樹盛は旺盛です。  この...
    2013年9月6日 生涯学習文化課
  • 如意寺のナシ

     バラ科のナシで幹囲1.8m、樹高13.0m。    日本ナシの栽培種で古いタイプのものと考えられます。  果実は、ほぼ球形で褐色の皮目があり、熟すと黄褐...
    2013年9月5日 生涯学習文化課
  • 竜王水

     竜王水は、赤坂台地の南端にある慈照寺境内に湧き出す湧泉で、「竜王」の地名の由来ともいわれています。      信玄堤の上流、高岩の下に深淵、通称「竜王潭...
    2013年9月3日 生涯学習文化課
  • 西八幡のカエデ

     このカエデの幹は、地上約4メートルまではほぼ同じ太さで、その上から6方に枝が分岐しています。樹木の高さは、約10メートル、根と幹の境から1.5メートル上...
    2013年9月2日 生涯学習文化課
  • 西八幡のカキ

     西八幡のカキはカキノキ科のカキで、推定樹齢300年の古木です。接ぎ木ではなく実生(種子から発芽して成長した植物)のものであるため、枝により果実の型が多少...
    2013年9月1日 生涯学習文化課