本文へ移動 ご利用案内 |文字サイズ| 小さく 標準 大きく |背景色| ふりがなをつける 読み上げる

甲斐市役所 山梨県甲斐市公式サイト

文化財

新着情報

  • 金の尾遺跡の出土品を展示します

    あれから40年・・・   大下条にある金の尾遺跡は、発見されてから今年でちょうど40年を迎えました。 この遺跡は、邪馬台国の卑弥呼が活躍していたころと、ほ...
    2017年10月13日 生涯学習文化課
  • 金の尾遺跡(甲斐市の遺跡シリーズ1)

    甲斐市の遺跡シリーズ1 金の尾(かねのお)遺跡 ~山梨の弥生時代研究を進展させた遺跡~   金の尾遺跡とは? 金の尾遺跡は、中央自動車道の建設に伴って昭和...
    2017年9月8日 生涯学習文化課
  • 市内の祭り

    市内の祭りを動画で楽しんでください。 下福沢の道祖神祭り:1 月第二土曜日・日曜日 (予定) 小正月の行事として「どんど焼き」「七福神の練り込み」「氏子め...
    2013年12月17日 生涯学習文化課
  • 御岳昇仙峡

     日本一の渓谷美を誇る御岳昇仙峡は秩父多摩甲斐国立公園の主峰金峰山、国師ヶ岳から流を発する荒川の清流がつくり出した渓谷です。    天神森から仙娥滝まで約...
    2013年12月12日 生涯学習文化課
  • 光照寺薬師堂

      もともと団子新居にあった光照寺は、永正7年(1510)に武田信虎によって岩森村坊沢に移されてたいへん栄えたといわれます。しかし武田氏滅亡の際、織田軍に...
    2013年12月10日 生涯学習文化課
  • 白輿

      一般的に白輿とは装飾を施さない素木のままの板輿のことをいいます。     部材にはヒノキとツガが使用され、屋形は切妻造で高さ102cm、幅89cm、奥...
    2013年12月10日 生涯学習文化課
  • 慈照寺山門

      慈照寺の創立沿革は明確ではありませんが、初め真言宗で、延徳元年(1489)に真翁宗見和尚が寺を再興して曹洞宗に改宗し、開基は武田氏一門の諸角昌清と伝え...
    2013年12月9日 生涯学習文化課
  • 船形神社の石鳥居

      『甲斐国志』によると、古来釜無側沿いに崩壊した古墳があり、そこに諏訪神社がありました。    崩れた古墳の石室が舟のように見えたことからその通称は「船...
    2013年12月8日 生涯学習文化課
  • 慈照寺法堂

      永禄6年(1563)建立と書かれた棟札があったと寺記に伝わりますが、その棟札は現存していません。現在の建物は形式手法からみて桃山時代の再建になるものと...
    2013年12月7日 生涯学習文化課
  • 天沢寺六地蔵幢

      上から、宝珠・笠・龕部(がんぶ)・中台・幢身(竿)、基礎からなり、龕部の中には六地蔵が納められています。宝珠部分は五輪塔の空風輪が転用され、龕は後世に...
    2013年12月6日 生涯学習文化課
  • 旧金桜神社石鳥居 附 旧材一括

      この鳥居は、もともと金桜神社へと通じる御岳道に建てられていたもので、金桜神社一の鳥居と伝えられています。   昭和59年(1984年)に甲斐市吉沢地内...
    2013年12月5日 生涯学習文化課
  • 木造阿弥陀如来坐像

      阿弥陀如来坐像は、桧材をもちいた寄木造りで、高さ70cm、台座上に結跏趺坐(けっかぶさ)している如来像で、名称は像内に書かれている墨書には釈迦如来とあ...
    2013年12月4日 生涯学習文化課
  • 木造五百羅漢像

      五百羅漢像は、ひのき材などを用いた一木造りの立像で、合計154躯が現存しています。数多い羅漢の形態は簡略化されてはいますが、表情はそれぞれ異なり、当初...
    2013年12月3日 生涯学習文化課
  • 慈照寺文書16通

     慈照寺は延徳元年(1489)開創以来、武田氏や徳川氏との関係が深く多くの古文書を所蔵しています。  県指定となった慈照寺文書は甲斐中世史の貴重な資料で、...
    2013年12月2日 生涯学習文化課
  • 保坂家文書5通

     保坂家文書は信玄堤関係文書として、武田信玄・勝頼父子の治水事績を実証する貴重な古文書です。とくに永禄3年(1560)の信玄印書は、竜王の川除(信玄堤)の...
    2013年12月1日 生涯学習文化課
  • 旧巨摩郡北山筋山中十二箇村共有文書箱・袱紗(書跡)

     古文書合計25点あり、もっとも古いものは天正19年(1591年)10月19日付けの「加藤光泰黒印状」で、今から410年前の文書です。この他にも文禄5年(...
    2013年11月30日 生涯学習文化課
  • 山県大弐自筆著書並墨書7点

     山県大弐は明和事件に関係して、明和4年(1767)8月21日処刑されましたが、明治時代にはいり尊王論者・学者として事績が顕彰され、明治24年 (1891...
    2013年11月29日 生涯学習文化課
  • 天狗沢瓦窯跡出土品

      天狗沢瓦窯跡発見調査の際に出土した瓦や須恵器など61点。   瓦は、鐙瓦、男瓦、女瓦などがあり、とくに鐙瓦の瓦当には素弁八葉蓮華の文様があります。  ...
    2013年11月28日 生涯学習文化課
  • 銅造仏形坐像

     この仏像は、中下条・大下条・長塚を通る愛宕町下条線建設に先立ち、平成6年秋から平成7年春にかけて発掘調査をした松ノ尾遺跡から出土したものです。    高...
    2013年11月27日 生涯学習文化課
  • 塔之越経塚出土経筒・銭貨等

        下今井地区の塔之越経塚から円筒形と六角筒形の経筒2基及び銭貨138枚(宋銭・明銭など)が昭和30年代に地元の人たちによって掘り出されました。経筒は...
    2013年11月26日 生涯学習文化課
  • 上菅口の郷倉

      郷倉は江戸時代の年貢米の保管と凶作等の際の食糧危機に備えての貯蔵を目的として作られた郷村における公共の倉庫です。  倉は土蔵造り、桁行6.4m、梁間2...
    2013年11月25日 生涯学習文化課
  • 下菅口の郷倉

      下菅口の郷倉は上菅口の郷倉と同じ目的で建築されたものです。    倉は土蔵造り桁行き2.8m、梁間2.44m、一重、切妻造り亜鉛引鉄板葺(仮)で平入り...
    2013年11月24日 生涯学習文化課
  • 天狗沢瓦窯跡

      昭和61年(1986年)の春、天狗沢字北川で完形に近い鐙瓦が発見され、これをきっかけに昭和62年、63年に発掘調査が実施されました。その結果、県内では...
    2013年11月23日 生涯学習文化課
  • 中秣塚古墳

      中秣塚古墳は直径約14m、高さ約2.3mの円墳で、横穴式石室は全長約6m、最大幅1.6mの規模でほぼ南に開口しています。     平成6年から発掘調査...
    2013年11月22日 生涯学習文化課
  • 上菅口のネズ

      上菅口地区北西の山林内にあり、南に向いた急斜面の落葉広葉樹林の中に立っています。   根元の周囲3.20m、目通り幹囲2.65m、枝張り東方4.00...
    2013年11月21日 生涯学習文化課
  • 竜地の楊子梅

      種類はアンズで、種の多くに小さな穴が開いています。   武田信玄が信濃出陣の折、この地で休息し、梅を楊子にさして食べました。その種が発芽して成長した...
    2013年11月20日 生涯学習文化課
  • 法久寺のコツブガヤ

      法久寺本堂の背後、墓地との境に生育しているもので、その規模は根廻り3.14メートル、目通幹囲1.65メートル、樹高17.5メートルで、枝張りは東西に各...
    2013年11月19日 生涯学習文化課
  • 松尾神社本殿

     松尾神社の創立は古く、延喜式所載の神社とも伝えられ由緒が深く、大己貴命(おおなむちのみこと)など五神を祀り酒造りの神として崇敬されてきました。本殿は一間...
    2013年11月18日 生涯学習文化課
  • 峰観音堂

     観音堂は『甲斐国志』によれば弘法大師が創立されたと伝えられ、馬頭観音像を安置します。    堂は、桁行き3間、梁間3間、一重、入母屋造り茅葺で四周には縁...
    2013年11月17日 生涯学習文化課
  • 慈徳院五輪塔

     五輪塔は、平安時代の末期から仏塔としてあらわれ、鎌倉中期以来一般にも墓塔として盛んに造立されるようになりました。    この塔は高さ1.48m、石造で基...
    2013年11月16日 生涯学習文化課
  • 正授院石幢

     石幢の形式には単制と複制の2種があり、この石幢は単制による建立です。    七面に作った幢身には過去七仏の尊名が刻まれ蓮弁を彫刻した基礎の上に建ち、その...
    2013年11月15日 生涯学習文化課
  • 三社神社石鳥居

     三社神社は一宮浅間神社(笛吹市)、二の宮美和神社(笛吹市)、三の宮玉諸神社(甲府市国玉町)と3社の祭神が年に1度4月15日「おみゆきさん」の日に祀られて...
    2013年11月14日 生涯学習文化課
  • 袴腰天神本殿 附 棟札2枚

     袴腰天神は金剛寺の鎮守として、その境内に祀られています。    もとは、山県家の屋敷神として崇敬されていたと伝えられています。本殿の造立年代は明らかであ...
    2013年11月13日 生涯学習文化課
  • 三社神社本殿 附 棟礼6枚

     三間社流造。正面千鳥破風付、向拝軒唐破風付。銅板葺。      三社神社は、天長2年(825)に甲府盆地を中心に大水害が発生したことから、甲斐国の一宮浅...
    2013年11月12日 生涯学習文化課
  • 神明神社本殿 附 棟礼2枚

     一間社流造。    桧皮葺。  本殿の建立年代や経緯は、造替棟札によって知ることができます。    棟札には、安永10年(1781)2月に遷宮が行われた...
    2013年11月11日 生涯学習文化課
  • 天澤寺山門

     桁行3間、梁間3間の楼門で、入母屋造、瓦棒鉄板葺、1階は石造基盤付きの総円柱、中央1間通りは門扉を備えず通路となっています。2階も総円柱で、周囲に切目縁...
    2013年11月10日 生涯学習文化課
  • 七観音石幢

     七観音石幢は六地蔵石幢の形式を援用したもので、15世紀代に建立されたものと考えられます。    七観音とは、一般的に、聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面...
    2013年11月9日 生涯学習文化課
  • 石造六地蔵尊

     六地蔵尊の造立年代の詳細は不明ですが、称念寺の末寺として寛永年間に地蔵院が創建され、本尊を石造の六地蔵としたと「甲斐国志」では伝えています。    六地...
    2013年11月8日 生涯学習文化課
  • 絹本著色仏涅槃図

     慈照寺が所有する仏涅槃図は、縦1.91メートル横1.70メートルで、寛文8年(1668)には完成しており、嘉永5年(1852)に修補されました。    ...
    2013年11月7日 生涯学習文化課
  • 紙本著色武田信玄画像

     画像は社宝として伝えられたもので、祭典に際しては神像として尊崇されました。この肖像は、床几の上に腰を下ろした正面向き全身像で、右手に軍配団扇、左手に数珠...
    2013年11月6日 生涯学習文化課
  • 紙本著色仏涅槃図

      この涅槃図の特徴は、釈迦の足に触れているのは一般的には大迦葉か毘舎離城の老女ですが、本図は俗人の翁が触れています。     釈迦の枕元には菩薩、後ろに...
    2013年11月5日 生涯学習文化課
  • 石造子安地蔵菩薩立像

     像高125センチメートル。  総高220センチメートル。  頭部は若干斜め方向を向き、両手で胸に子供を抱く。  像下部は請花座にはめ込まれ、その下に六角...
    2013年11月4日 生涯学習文化課
  • 木造摩利支天像・愛染明王像

     この像は、仏法を守護するための天沢寺山門の左右に安置され向かって右に高さ170cmの摩利支天像、左に高さ175cmの愛染明王像があります。    両像と...
    2013年11月3日 生涯学習文化課
  • 木造十一面観音坐像

     寄木造で高さ21.2cm。    作者は未詳。  制作年代:南北朝時代(1334年~1392年)  この観音坐像は客仏でその由来などは明確ではありませ...
    2013年11月2日 生涯学習文化課
  • 武田不動尊

     木造、寄木造。    制作年代:室町時代末期~江戸時代初期、鎌倉時代の作という説があります。   かつて点在していた集落を統括し竜地宿をつくった武田信玄...
    2013年11月1日 生涯学習文化課
  • 竜蔵院の子安地蔵

     高さ48.5cmで室町時代から安土桃山時代の作と伝えられています。北条氏政に嫁ぎ、後に武田氏と北条氏の同盟が決裂した後に離別した武田信玄の長女に関係のあ...
    2013年10月31日 生涯学習文化課
  • 木造阿弥陀如来坐像

     一木造。玉眼。漆箔。  制作年代:平安時代 安楽寺の本尊は、『甲斐国志』によると、本来は観音像でしたが、弘化年間(1844~48)の火災により諸堂ととも...
    2013年10月30日 生涯学習文化課
  • 木造地蔵菩薩半跏像

     一木造。    制作年代:鎌倉時代  本像の頭部は体部と比較してやや大きめながら、目尻のつり上がった理知的な面容は、鎌倉時代前期の仏師快慶の作風にみられ...
    2013年10月29日 生涯学習文化課
  • 木造釈迦三尊像

     釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩を総じて三尊像と呼んでいます。    三尊像すべて院派とよばれる仏師の作例に多くみられる造形であり、特徴としては頭、体部とも...
    2013年10月28日 生涯学習文化課
  • 木造釈迦如来坐像及び五百羅漢像附五百羅漢勧化帳、山門建立勧化帳

    釈迦如来坐像   一木造。玉眼。  制作年代:室町時代 山門楼上、五百羅漢像の中央に安置される。  両手を腹前で定印に結んで結跏趺坐する釈迦如来坐像。頭髪...
    2013年10月27日 生涯学習文化課